記事

生理中のダイエットを乗り越えるために◎Vol.2

生理中のダイエット、2回目の今回は、ダイエット中の食事について◎

無理なダイエットができないこの時期は、特に食事に気をつけることが大切です。

 

*甘いもの、こってりしたものの誘惑。

diet_2_1

生理が終わると、痩せ期と呼ばれる、代謝が活発になり一番痩せやすいとされる時期がやってきます☆

そこでスムーズに理想の体型に近づけるためにも、食生活には気を使いたい!

それでも生理前や生理中は、あま~いスイーツやこってりしたものを食べたくなるコも多いと思います。

これはホルモンバランスの乱れからくるもの。

ホルモンバランスが乱れることで、食欲をセーブしにくくなります。

でも、そこで暴飲暴食してしまっては、今までの努力がだいなしに…。

体型をキープするためにも、食べすぎを防止しましょう!

だからといって、食事をとらないのはNG!!

過度な偏食をしないように、3食きちんとバランスよく食べることで、貧血や生理痛の予防にもなるんだとか。

成長期の身体には、無理に炭水化物を抜いたりせずにバランスの良い食事をしっかり食べることも大切!!

3食しっかりとることで、無駄な間食を減らす効果もあるんです♡

甘いものを食べすぎてしまいがちなコは、お菓子をフルーツにかえると◎

放課後スイーツをフルーツジュースにかえるのもよし❤︎

Processed with MOLDIV

ビタミン豊富なフルーツなら、生理中の肌荒れも防いでくれますよ☆

身体を温めるメニューを取り入れるのも◎

貧血には、プルーンやほうれん草など、鉄分を多く含んだ食材を取り入れて。

アサイーボウルもオススメです◎

豆乳や納豆は、生理中の肌荒れを防いでくれるので、生理前から取り入れたいですね。

飲み物では、ハーブティー、カモミールティー、ホットココア、生姜湯、白湯などがオススメ。

カモミールティーやココアは、イライラを抑えてくれる効果も♪

スナック菓子やファストフード、コンビニのものなど、添加物が多く含まれてるものは、生理通が酷くなる可能性もあるので控えましょう。

また、カフェインの入った飲み物も、とりすぎると血管が収縮して身体が冷える原因になるので、とりすぎないようにしたいですね。

バランスの良い食事をしっかりとることで、食べ過ぎ予防と生理の諸症状を和らげて、痩せ期まで体型のキープを心がけましょう♡

Processed with MOLDIV

次回は気になるダイエット中の運動についてお伝えしちゃいますよ~!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます